気になる宮城の任意売却のこと

宮城で住宅ローンの支払いが苦しくなった時等に行う任意売却ですがどのような方法で行われるのでしょうか

住宅ローンの任意売却とは

他の地域でもそうですが、震災等の被害が大きかった宮城県では強制的な移住や仕事の減少などにより住宅ローンの支払いが苦しくなっている人達がたくさんいらっしゃいます。

そんな人達の中でも任意売却という言葉を最初から理解している人はあまり多くないでしょう。

任意売却とは家を建てる時等に借りる住宅ローンの支払いが様々な理由で難しくなった時に住宅ローンを組んだ金融会社と合意して家を売却する手続きのことです。

一般的に数千万円する家を売るわけですから最終手段と言ってもよいでしょう。

しかし、宮城では任意売却をせざるを得ないケースが頻発しているのです。

住宅ローンが払えなくなる理由は個人によって違いますが、例えば宮城では大黒柱てきな存在の方が震災で病気になることも多いですし仕事が無く引っ越さざるをえないこともあります。

収入が減ったり、夫婦が離婚する事になって住宅ローンが払えなくなる事もあります。

このような状態になる前に様々な解決法があるのですが、どうしたらいいか判らず極限まで放置してしまう人も多いのが現状です。

住宅ローンは支払いが滞ると任意売却などの話が金融機関からくるようになります。

この場合、住宅ローンの残債を一括返済しなくてはなりません。

高く売れれば問題ありませんが、ほとんどの場合が安いので家を売っても住宅ローンが残るということもあります、この場合、住宅ローンを残したまま抵当権を解除してもらう形になるので金融機関に了承してもらってから売却手続きとなりますが、住宅ローンを3カ月以上滞納していない場合は任意売却にはなりません。