気になる宮城の任意売却のこと

宮城で住宅ローンの支払いが苦しくなった時等に行う任意売却ですがどのような方法で行われるのでしょうか

所有不動産の売却までの流れ

2015年6月4日 // by blogger

震災被害等が大きかった宮城等では住宅ローンが払えなくなって任意売却になってしまったという話も多く聞きますが、任意売却は専門業者に頼むことで行政書士や不動産屋に頼むより売主に負担がかからず有利に売却できる事もありますので、まず、相談する時に一か所だけではなく複数の所に相談してどこに任せるか決めてもよいでしょう。

まず最初に相談するのが多いのが住宅ローンを借りている金融機関だと思います。

当然、督促状などがくればびっくりしてしまいますしどうすればいいのか相談される方も多いでしょう。

金融機関はなんとか住宅ローンの返済をしてほしいので親身になってくれるでしょうが、その上で行政書士などに相談するのも良いです。

無料相談ならインターネットで専門業者がしてくれる所もありますので探してみてください。

どこの場合でも所有不動産の売却までの流れは次のようになる事が多いです。

①電話やメール、金融機関や行政書士の所に出向いて相談(宮城の場合自治体が相談会を行っている場合もある)②電話やメールの場合も一度は直接会って相談する③物件の査定を行う④金融機関等の債権者と協議⑤任意売却が成立、という風になります。

売却決定となれば競売入札は無くなり、ご近所に氏名を公表される事もなく通常の生活ができます。

そうなる為にもこのようなケースを多く取り扱っている専門業者にお願いするのが良いのです。

しかし、不動産を売却するのは普通の人であればどのようにすればいいのか判らないので悪い業者もいます。

悪徳業者にだまされないよう注意しましょう。

Comments are closed.