気になる宮城の任意売却のこと

宮城で住宅ローンの支払いが苦しくなった時等に行う任意売却ですがどのような方法で行われるのでしょうか

不動産が売却難物件だったら

2015年6月12日 // by blogger

一般的に不動産に問題があり売却するのに支障がある場合、売却難物件として取り扱われ知らずに販売しようとすると、買いたたかれてほとんど売却価格が無いような状態の場合もあります。

宮城ではこのような物件が多く、被災地であるということが難物件の1つの条件にもなっています。

他にも欠陥住宅だったり、古いアパートだったり家が道路に接していない、相続で揉めているといった事が原因で難物件になることもあります。

任意売却しようとお考えなら少しでも高い金額で売却できるよう専門家に相談してみましょう。

専門家は不動産難物件でもその土地の良さを生かした提案をすることがあります。

例えば古いアパートが建っていて障害になっている場合、更地にすることで売れる不動産になりますし、条件は揃っているけど土地が宅地としては広すぎる場合などは分筆を勧められる事もあります。

特に任意売却等の場合どうしても条件を整えて売らなければならないので少しぐらいお金がかかっても行うケースもありますし、相続などで揉めている場合、期間を過ぎれば税額が高くなること等を専門家が説明することによって納得してもらうこともできます。

現状では難物件でも宮城では被災地の土地の値段がもの凄く低くなっている所もあれば引越しに伴って中心地の可成り条件が良い所であれば高い所もあります。

まずは専門家に査定してもらって目安としての価格改善すればどれくらいになるのか調べてみましょう。

Comments are closed.