気になる宮城の任意売却のこと

宮城で住宅ローンの支払いが苦しくなった時等に行う任意売却ですがどのような方法で行われるのでしょうか

宮城の競売と任意売却

2015年6月21日 // by blogger

宮城等被災地では住宅ローンの支払いが滞っている人がたくさんいらっしゃいますが住宅ローンを払わないでいるとどのようになるのか、知っている人はそんなにいないでしょう。

しかし、ローンが払えなくて督促状が来ているのに放置しておくと大変なことになってしまいますので気をつけましょう。

住宅ローンが払えない場合、競売か任意売却になることがあります。

競売と任意売却では雲泥の差があって精神的負担も違ってきますので、できるだけ任意売却を行うようにしましょう。

宮城でも他の土地でも競売になると次のような事になってしまいます。

相場より安く落札され債務が多くなる、返済を交渉できない、立ち退かなければならない、競売物件として公表される、立ち退き料もない、精神的負担がとても大きいなどです。

これと比べ任意売却の場合相場に近い価格で売却でき債務を少なくできる他交渉もでき引越しなども希望を聞いてもらえご近所にしああられうこともありません、また交渉によっては引っ越し代などもでるため家主の負担もかなり圧縮でき新生活の準備もできます。

このように競売よりも任意売却の方が家主の負担も少なくて済みますが競売になるとどうなるか知らないでいると期限が来て差し押さえになり有無をいわずに競売となります。

そうなってはどうすることもできなくなりますのでその前に行政書士や銀行、ファイナンシャルプランナー、不動産業者などに相談してみましょう。

インターネットなどで無料相談を行っている所もありますので活用してみるのもよいでしょう。

参考サイト⇒[http://president.jp/articles/-/12806

Comments are closed.